暮らしやすい家ができるまで


家づくりには色々なスタイルがあります。

ハウスメーカーで建てる家、設計施工の住宅会社で建てる家、建築家と建てる家。 家づくりに何を求めるか?によって、依頼先が変わってきます。

ここでは、私たち「建築士」と建てる家づくりについてご説明いたします。

建築士は家づくりのナビゲーター

 

建築士との家づくりは、敷居の高いものだと感じている方もまだまだ多いと思いますが 私たち建築士は、「設計」をするだけではなく、家づくり全般をナビゲートする役割として考えてみてください。

家づくりは、色々な選択肢を選びとる連続です。

お金のこと、構造のこと、間取り、デザイン、素材、仕様、施工会社…挙げていけばキリがないほど 様々なことを同時に考え、取捨選択をしながら決めていくプロセスを経ます。

私たち建築士は、あなたの意図を知り汲み上げて、プロとしての眼力を働かせながら 最大限良い選択肢を選びとるためのお手伝いをしていきます。

土地との出合い

 

暮らしやすい家をつくるためには、土地の状況を読み取ることがとても大切になってきます。

土地が決まっていないと、設計事務所に相談が出来ないと思われている方が多いですが、 土地探しの段階から、ご相談をうける場合も多いです。

どのエリアに住みたいのか?どんな環境がいいのか? 加えて、道路付け、方位、敷地に対しての法的制限(高さ・建ペイ率・容積率)等 条件が揃えば、だいたい、どんな家が建つのかアドバイスすることができます。

不動産的にみると悪条件のような土地でも、設計の工夫次第で、住みよい家を叶えることができます。

「 土地を読み解く役割 」として、購入前に建築士に相談することもいいでしょう。

プランニング~設計

 

まっさらな土地から、あなたの頭のなかで描く夢の家を、具現化していきます。

住まい手の夢、予算、要望、条件に合わせて、どんな家が出来るのかをヒアリングしながらまとめていきます。

暮らしやすい動線、構造的なこと、デザイン面、予算など全てを常に頭に入れながら、設計図書をつくりあげていきます。

つくり手(施工者)とのご縁を結ぶ

 

設計図書完成後、施工者を選定するために、見積をとります。

施工者との金額の折衝、見積合わせ等、

素人では判断のつきにくい項目をチェックし適正な価格で工事金額を決めます。

工事監理をする

 

そして、設計図書通りに施工されているかどうかの確認・検査(工事監理)をするのも、

私たち建築士が行います。

見えてこない部分にも安心を裏付け、家を完成させます。

 

初回の面談は無料です。
まずは、ご相談メールをこちらからどうぞ。