プロヴァンスへの移動日、ストライキに遭遇するも幸運に恵まれたこと_南仏旅行記Vol.7

Posted on 2019/01/26

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

プロヴァンスへの移動日に、なんと鉄道ストライキに遭遇。旅にトラブルはつきものですが、なにかと幸運側に恵まれた一日。ニースではマティス美術館にも行け、南仏旅コートダジュール編が無事に終了。ニース市内のUBER利用のこと、ニース駅での荷物預かり所情報なども、旅の備忘録的に記しました。


前回 からつづき。
暮らしと家®南仏旅行記Vol.7です!

この旅の大きな目的だった。
カップマルタンの建築群ツアーも終えた午後。

心を満たす感動を抱きつつも、
心配なことがありました。。

それは、翌日…
移動日の鉄道ストライキのこと!

ロクブリュヌ・カップ・マルタンのあるコートダジュールから、
次の滞在地…プロヴァンスの小さな街、リル・シュル・ラ・ソルグまで。

のんびり鉄道旅の予定でしたが、
なぁ~んと!その日はストライキ!!

しかも、ストライキ当日の電車の運行は、
前日の夕方5時にならないと分からないとの情報を、
初日ガイドのステファニーさんから得ていました。

なので、それまでは何も出来ないこともあり、
気を揉まずに過ごしていましたが、
夕方になってから、そわそわ。。

教わったフランス国鉄のアプリで、運行状況をチェック。

↓ こちらです。




どうやら、私達が乗る予定だったパリ行のTGV(高速列車)は運行!!

ヨカッタ!!と、胸をなでおろすも、
アヴィニョンからの乗り継ぎ電車TER(在来線)がストライキで運休。

車で30分ほどだったのですが、
ストライキだと、タクシーもつかまらないと聞いていて、
急遽、プロヴァンスでの宿泊先のオーナーさんへ連絡。

プロヴァンス前半は、
日本人とフランス人カップルが営む、
シャンブル・ドット(B&Bのようなところ)に宿泊。

アヴィニョン駅から宿泊先まで、車での送迎をお願いしました。

急だったにも関わらず、快く引き受けてくださり、安堵。。

ストライキの日に向かうところが、
日本語が通じるところで、
本当に良かった!!と、つくづく、その幸運に感謝。。

やっと、カップマルタンでの最後の夜を愉しめます!!

↓ 夕食は、午前中、マントンのマルシェで買った食材で♪



メニュー♪

 ホワイトアスパラガス、チコリとタプナードの前菜
 モッツアレラチーズとドライトマトとバジルのロール巻
 ビーフステーキ+ズッキーニのフライ添え  
 ラビオリ
 泡ワインとロゼワイン

翌日の移動のことで、慌ただしくしてしまい、
遅くなってしまったのですが、やっぱりテラスへ。

陽が沈むまで、おしゃべりしながら、
テラスでの晩餐を楽しみました。



とっぷりと暮れてしまった後も、
室内でワインを呑んでいたら、
表でパンパーンと激しい音と歓声がします。。

テラスに出てみると、モナコ方向に花火が!!



写真では、あまりきれいに撮れていませんが、
花火は華やかで、豊かさを感じさせるもので…

このカップ・マルタンでの夜を彩ってくれました♪

本当に、いうことナシ!
文句つけようのない旅の前半が終了。

ぐっすり眠って目覚めると、
翌朝も晴れ!

朝食をしっかりと食べて、
余った食材でサンドイッチを作り、
部屋を整えて、チェックアウト。

↓ カップ・マルタン駅のホームにて。



集合住宅のテラスにも日除けのシェード。
夏の眩しさが想像できます。

いつか、また訪ねたい…

そう思えたロクブリュヌ・カップ・マルタン!
ありがとう!! À bientôt またね♪

カップマルタンからニースまでの電車も、
時刻表通りではないことを見越し、
かなり余裕をもって出発。

TGVのニース駅発は、午後1時53分。

あわよくば、
ニース駅から程近い…
マティス美術館にも行きたいね!と話していましたが、
スーツケースを預かってもらえるか?
情報が得られないままニース駅着。

駅員さんをつかまえて、チケットを見せて、
本当に、このTGVが動くかを確認。

大丈夫なようで、ひと安心です!!



スーツケース一時預かり場所がある筈!と、
ウロウロとしていたら、発見!!!

時間も余っているので、そこへ預けて、
マティス美術館へ行くことに決めました!

ニース駅中央広場に向かって、
右手側を行くと ( 東ホール側だと思う )
↓ 荷物預かり所のマーク!



SNCF(フランス国鉄)のHP

上記にも、記載有ったので、
詳しくは、リンクを参照してみてください。
フランス語ですが、翻訳かければ、
何とか意味は理解できます。(^-^;

↓ 荷物預かり所内部。



↓ 料金表。



私達もかなりこの情報を探したのですが、見つからなかったので、
旅の備忘録として、この情報をUPしておきますね。
( ※ 2018年6月の情報です )

荷物を預けて身軽になって、
マティス美術館へ急ぎます。

時間の限られているこんな時は UBER が便利。

UBERについて書いた記事があるので、
ご興味のある方は そちら を読んでください…
( ↑ いいひブログ過去記事にリンクします )

UBERアプリを立ち上げて調べると、すぐに来てくれそう!

↓ その時のスクリーンショット。



↑↓ 担当ドライバーの顔、車、実績、評価などが記載。

何処に居るのかも、アプリ上の地図で分かるようになっていて、
安心して使えました。

↓ 走っている時も、位置情報で自分が居る場所が分かります。




UBER利用のお蔭で、かなり時間が節約。

行ける!と判断して30分後には、マチス美術館に到着♪




本当は、ヴァンスのロザリオ礼拝堂に行きたかったのですが、
欲張りすぎても…ということで、今回は旅程から外していて。。

マティス美術館も無理か…
と思っていたのが実現出来て、本当に幸運でした。

↓ 入口付近に、晩年の大きな作品群が展示。



↓ タペストリー。



↓ 奥さんや愛人をモチーフにした女性像が多いとか。





↓ 初期の頃の静物画も素敵♡



作品もさることながら、
この美術館の空間が気に入りました。

明るくてのびやかな印象。



邸宅を改装した美術館らしいので、
こじんまりとした心地よさがあるのかもしれません。



特に、黒白のタイル空間。

ほぉ~♡と、佇んでいたら、
スピカさんに、
出美さん、この感じ好きでしょう?と、
云われました。。

はい(笑)好きです!!



床タイルもパチリ☆



旅で出合った空間や素材感。

五感で覚えて得たものが、
自分自身の設計力の抽斗に仕舞われて、
いつかの設計で現れてくるのかな♪

そうなると良いなぁと思って旅をしています。

そんな想いを以て、
ふたりとも、しつこく観てしまう方なので、
うっかりして遅れないように、アラームをかけての見学。

あっという間でしたが、売店での買い物も楽しめ、
後ろ髪をひかれつつも、マティス美術館を後に。

美術館に隣り合った公園は、
古代円形闘技場の跡らしい!



普通に公園として使われていて…
この時は、ヨガレッスン中でした。

公園の緑の木々…
明るい日射し…
子供達の笑い声…



この日は土曜日。
ニースの休日の暮らしのひとコマに触れられて、
良かったなぁと思いました。

帰りもUBERで、スムーズにニース駅着。
時間が余ってカフェでお茶する位の時間有。

ただし、ヨーロッパの鉄道は、
発車時間が間近にならないと、
出発ホームが表示されないので、
お目当ての列車の時間が近付くと、
みんな電光掲示板の前で待機。

中央広場に行くと、やはり、ストライキの影響か?
人がごった返していました。



電光掲示板にホームが表示された途端、
みんな、ホームへ向かって走ります。。

↓ スピカさんがその時を撮っていてくれていました(笑)



伝わるでしょうか?
このセカセカ感。。。(笑)

何度か経験しましたが、慌ただしくて嫌いです。。

何とか、TGVに乗車出来ました!!



私達の車両は、ニース駅を発車した時点では、ガラガラ。




ゆっくりと朝作ったサンドイッチと珈琲を楽しんだ後は、
車窓を眺めつつ、ふたりとも、熟睡。。

↓ 乗り過ごすことなく、アヴィニョン駅に到着!!



モダンで素敵な駅舎でした!




アヴィニョン駅では、ストライキの影響で、
足止めを余儀なくされた人達が沢山。。

送迎を頼んで本当に良かったと、心から思いました。

シャンブルドットのオーナーDさんとも無事に会えて、
リル・シュル・ラ・ソルグの街へGo♪

さぁ、南仏旅後半…
プロヴァンス編のスタートです!!

次回は、素敵なシャンブル・ドットでの夕食のことを…

2/9(土)更新予定。

どうぞ、お楽しみに♪

( 文責;牛尾出美 )