マルシェと蚤の市へ♪プロヴァンス美しい水辺の町での日曜日≪前編≫_南仏旅行記Vol.9

Posted on 2019/02/23

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

プロヴァンスの美しい水辺の町、リル・シュル・ラ・ソルグ(L’Isle sur la Sorgue)での日曜日のことを、前編・後編、二回に分けて、綴ります。今回は、心躍るマルシェとブロカント蚤の市での時間をお届けいたします。

 

プロヴァンスの美しい水辺の町、
リル・シュル・ラ・ソルグ(L’Isle sur la Sorgue)での日曜日のこと。

シャンブルドットでの美味しすぎるターブルドット(夕食)をいただいたのは、前回。

おなかも心も充たされ、
清潔で美しいバスルームで疲れを癒し、

寝心地の良いベッドでの深い眠り…

そして、目覚めた朝。

シアワセなプチ・デジュネ(朝食)。


 

美味しすぎるパンやチーズやジャム♡

それだけでもウットリなのに…

なんと、昨夜の残りのスープドポワソンまで、出していただきました。

とぉーーっても美味しかったです♪

 

この日は、リルの町に、マルシェとブロカントの市が立つ日。

 

マルシェの歩き方指南を、

オーナーのダヴィットさんにしていただきました♪


 

わくわくしながら、後に続きます。


 

生産者がみえる食材。


 

プロヴァンスの食文化なども、
お話くださりながらのマルシェ散策。

中でもお薦めのお店を教えてくださいました!


 

食いしん坊の私達はわくわくし通し。

サラミ屋さんで味見させてもらいましたが、

ここのは本当に美味しかった♡

 

 

↓ パン屋さんだったら此処だよ!と教えてくださったお店。

 

 

毎朝、薪窯で焼いているそう。
香ばしいいい匂い♡

 

昔ながらのつくり方は大変なことも多々だとそうですが、

そこにこだわる職人さんの想いを聞いて。。敬服です。。

 

ダヴィットさんが選ぶお店には、

全てそんな確かさがあり、

「食」を本当に大切にされているのが伝わってきました。

 

朝、私達がいただいたパンもこのお店のもの。

本当に美味しかったので、ランチと夕食用に購入。

パン好きな夫にもお土産に日持ちするカンパーニュを買いました。

大絶賛だったのは、言うまでもありません。(笑)

 

↓ こちらもお薦めの石鹸屋さん。

 

 

山羊のミルクを使っている石鹸。

ダヴィットさんご愛用品だそう。

 

 

お土産に…と、少しだけ購入♪

 

後日談になりますが、

確かに使ってみて、お肌しっとり。香りもすごく良かったです。

 

他にも、ランチにお薦めなお店等も教えていただきました。

 

 

↓ カゴ屋さん

 

 

 

マルシェかごやモロッコカゴ等…

惹かれるものばかり!!

 

↓ シャンブルドットにあったマルシェかご。

 

 

とてもしっかりと編まれていました。
次回がもしあれば、連れて帰ってきたいもののひとつ♪

 

マルシェには観光客も大勢でしたが、
地元の人達も多く、マルシェかごを持ってお買い物。
色んなデザインや色でそれぞれに個性があります。
後学のために、しっかりとチェック!!

 

↓ テーブルクロスやランナー♪

 

 

↑↓ 生地屋さんも沢山出ていて、アドレナリン全開。

 

 

自分が何を買いたいか、イメージしていれば、

良いお買い物を出来そうだなぁと感じました。

 

この辺りで、ダヴィットさんとはお別れ。

入れ替わりに、町田さんがいらしてくださり、

お薦めのインテリアショップや、

ブロカントを扱うお店が並ぶ蚤の市を案内していただきました♪

 

 

↑↓ お土産に喜ばれと教えていただいたトルションや、ラベンダーのサシェ。

 

 

 

 

旅のお買い物って、舞い上がるせいか…

その時判断して購入するって、なかなかの難題。

 

センスの良い町田さんの審美眼による、

セレクトと的確なアドバイスが聞けたこと、

本当に有難かったです。

 

↓ 素敵すぎたインテリアショップ!

 

 

スピカさんと後でゆっくり観ようねー♪と、云っていたのですが、

日曜日の店仕舞いは早く、再訪できなかったという心残りをつくってしまいました。

 

スピカさん、自分用にフレンチリネンのエプロンが欲しかったなぁと、

今でも残念がっています。

でも、旅は心を残すことで、また再訪出来るチャンスを生むもの。。

きっと、また再訪できますね♪

 

↓ こちらのセレクトショップもセンス良いもの多し。

 

 

キッチン雑貨や愛らしい生地のサシェ、
自分用お土産を買ったお店でした。

 

 

 

リル・シュル・ラ・ソルグは、アンティークの町としても有名だそう。

 

日曜日には、ブロカント蚤の市が開催されますが、

大通り沿いには、常設のアンティークショップや倉庫が並びます。

 

 

リルの街歩きだけでも十二分に楽しめるので、

マルシェ以外にもう一日充てても良さそうです。

 

 

↓ 主にブロカントが並ぶ蚤の市のテント。

 

 

 

プロヴァンスは殆ど英語が通じないので、

マルシェと蚤の市を、おふたりにアテンドいただいて本当に助かりました!

 

 

↓ 私がちょっと惹かれたお皿。

 

 

今、写真を見返すと、やっぱり好きな感じ。

でも、この時は、決断できませんでした。

 

きっと、町田さんにお聞きすれば、

的確なアドバイスをいただけた筈。

けれどもこの時は、そこまで心を動かされなかった。。

( それも心残りだったり…やはり再訪ですね!笑 )

 

マルシェと蚤の市をひとめぐりしたので、

シャンブルドットへ、一度荷物を置きに帰ることにしました。

 

↓ シャンブルドット、ヴィラモンローズ外観。

 

 

リルの町は此処を拠点に十二分に歩ける規模。

車の無い旅だと、やはり街中が便利だなぁと実感。

 

ここで、日曜日前半が終了。

 

記事が長くなってしまうので、

この日曜日のことは、二回にわたってお届けします。

 

次回、後半は、午后のアペリティフのこと、

その時見せていただいた素敵な食器たち♡

シャンブルドットのインテリア♡

夕方の町散歩、マルシェで買った食材での家呑み等を綴ります。

 

お楽しみに♪

 

( 文責:牛尾出美 )